10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十肩・・と書かれてあった・・

先月半ばくらいから左肩が痛くなったのですよ・・。

最初は打撲でした。家の中で目測を誤ってぶつけてしまい、かがみこむほどの痛みに耐えて、自然治癒を待っていたのですが、手を振って歩く時にカクカクと音がするようになって、痛みがだんだん強くなってきていました。

それで、先月末に、整形外科に行ったんです。

レントゲンを撮っても骨には異常がなかったため、打撲から炎症が進んだ四十肩と言われました。

ふむ・・・それは四十の声をきいたとたんに右肩がやられたアレだな(笑)・・・と。

右肩がすっと上げられるようになるまで2年かかりました。
なので、またか・・・と覚悟はしました。

それにしても、今回の左肩、右の時よりひどく痛くて。

整形外科でもらった貼り薬が私には合わないみたいで、貼って10分ほどで頭痛が始まるのです。

電気治療も、電極のパットの跡が赤黒く異形に付くので、嫌になりました。

それで、その後はずっと医者に行かなかったんです。

貼り薬は母の膝用のものを分けてもらって貼り、夜は家庭用の遠赤温熱パットで左肩を包むようにして寝ていました。

しかしながら、どんどん痛みは強くなり、ひじの下まで神経痛のように痛み出す始末。

動かす角度によって、ふいに激痛が走るので、1分くらい動けなくなります。

耐えられなくなって、週末にペインクリニックなる痛みに対処することを専門にやっている医療機関に行きました。
再度レントゲンを撮って、やっぱり骨は大丈夫ということで、診断は同じでした。
痛み止めは胃がやられるので嫌だと断ったことを話すと、ヒアルロン酸の注射を提案されて、内心真っ青に・・。
来るたびに注射されるのは勘弁と思っていると、次の提案は「漢方薬」。

漢方の薬の効能がずらっとならんだ写真つきの表を見せてもらいました。

その薬は、効能がずばり・・・



「五十肩」


それしか書いてありませんでした。

すごぃ・・・
専門の漢方薬があるとは思わなかった(笑)。

それに、痛み止めの漢方を少し混ぜたものを処方されました。

処方箋薬局へ持っていったら、特殊な機械を使って混ぜ合わせるので「明日じゃだめですか?」と言われ(笑)、一日待つことに。

やっとお薬にありついて(笑)三回ほど飲みましたが、臨床からすると、効き目が実感できるのは2~3ヶ月先だとか。それでも、前回ほっておいて2年かかってますから、そのくらいで治ってくるならありがたいです。

痛みをかばって動かさなくなることが更に症状を悪化させるのだそうです。

一週間様子を見て、副作用などなければ数ヶ月続けて飲むことになりそうです。

一応おことわりしておきますが、私はまだ四十代ですから(笑)。

まぁきっと、四十でも五十でも関係ないんでしょうね、この病は(笑)。
確かに、アラフィフではありますが ヾ( >▽)ノ彡☆ばんばん!



生かして頂いて有難う御座位ます

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

tag : 四十肩 五十肩 漢方薬

Secret

アクセスカウンター

プロフィール

姉ヶ崎美智

Author:姉ヶ崎美智
人生あっという間です。好きなことをして、めげずに生きましょう。日本と乙女ゲームと伊勢-白山道が好きな自称天使バンビです(*ノωノ)

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。