11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーるーるるる~な大好き動画

なかなか忙しくて、ちっともGS3が進みません。・゚・(ノД`)・゚・。

何度かGS3の中で推しメンは誰かと訊かれたのですが、う~む、いまだファイナルアンサーは出せていません(笑)。
どうにも間延びしちまう~のをお許しください。

下の動画は超お気に入りの作品です。
こうちゃんとバンビの未来が垣間見られます。
若い方にはショックかもしれませんが、私くらいの年代になると至極当たり前のことなので、逆に微笑ましく思えます。みんな平等に年をとるのよ~~~~!
こうちゃんのような相方が私にはいないけど、年を重ねた夫婦って紆余曲折しながらそこにたどり着いたわけで、すごいな~と思います。尊敬~。




スポンサーサイト

theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

tag : ちっとも進行しないw ときメモGSP3

ここ2ヶ月ほどのご報告

ご無沙汰しております。m(_ _)m

ワタクシ、8月にうそを書いてしまっておりました。
ときメモGS3において、メイン攻略キャラ6人全員の告白ED1を見た、と書いてしまっていましたが、たったひとり最初に攻略失敗したお人があることを失念しておりました。

ごめんね、たまちゃん・・・

で、せいちゃんをクリアした後は、大迫先生を除くアドベンチャーキャラクターを全員まずクリアしました。ここは思い入れを持てるほどのシナリオ量ではないので、ちょっと苦しかったこともありましたが、なんとか終わることができました。
彼らの中で特別に「良かった」と表記できる人は残念ながらいらっしゃいませんでした。
プレミアムヴァージョンになって追加された蓮見くんも、天使と小悪魔各ヴァージョンをプレイしましたが、イラッとすることがあってのめり込めませんでした。でも、蓮見くんに関しては、小悪魔で、メインキャラの攻略ついでにやっつけられたらそれなりに楽しいと思いました。他のアドベンチャーキャラもスチルコンプのついでとかにトライしたほうが苦しくなかったと思います。

さて、一段落して、今やっとたまちゃん攻略に入りました。
どうせなのでせいちゃんとの三角をやろうと思い、せいちゃんも一緒にアップしていたら、意図せずせいちゃんの親友イベントが起きてしまい、急遽せいちゃんには親友になってもらいました。そうしたら、せいちゃんの親友って思った以上に楽しくて、どちらかというとたまちゃんよりもそっちに重心が傾いてしまっています。ツンツンしてるところは随所にあるけれど、ソロで相手をしてもらっていたときよりも親友として接する方がソフトで優しい面がはっきり見える印象です。先輩としての頼もしさも、異性として見つめるよりも親友の方がよりクッキリと見えて。ますますせいちゃんラブになってしまいました(笑)。

親友は、好感度が「友好」で固定されて傷心度もゼロになるため、常に安定感があり正に友好的に接してくれるのでとても助かります(爆弾の心配がなく、常に優しい)。おまけにデートは今まで通り続けられて、キャラの内心の思いが一定レベルを超えると「ドキドキMAX」というイベントも起こります。あくまで「親友」という枠で起こるそれが、セリフを微妙に変化させ、益々心の変化の機微を楽しませてくれるのです。

取り敢えずと言ってはなんですが、たまちゃんの告白ED1が優先されるので、その後分岐からでもせいちゃん親友EDを見たいと思っています。

それが完了したら・・・
と、予定ばっかり先走りですが、やりかけの積みゲーがあるにもかかわらず更に借りてしまった一本があるので、そちらへ入る予定です。
それが、こちら「十三支演義~偃月三国伝~」です。

十三支演義~偃月三国伝~(通常版)十三支演義~偃月三国伝~(通常版)
(2012/05/24)
Sony PSP

商品詳細を見る


三国志のパラレルワールド的な内容の乙女ゲームらしいのですが、本来男性である三国志キャラを女性に変えてしまって主人公に据えるという思い切りの良さ(笑)。おまけに猫族でお耳がはえてます。三国志の大ファンだとかなり??なところがあるらしいのですが、私は三国志をほとんど知りませんので大丈夫と言われました(笑)。実際には呉軍の登場前に話が終わってしまうそうなので二国志だなんて意見もありました。
コンプリートしたプレイヤーはまぁまぁな感想を述べていたので、それなりの期待感を持って臨みます。

あー、忙しさにかまけてまた間を空けてしまうかもしれませんが、(;´・ω・`)ゞごめんなさい。

それでは!フリフリ((ヾ(。・д・。)マタネー♪

theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

tag : ときメモGSP3

ちょっと休憩 (アンジェリーク 魔恋の六騎士)

またまたご無沙汰してしまいました!

せいちゃんは、もう半月ほど前に終わりました。えっと、告白ED1です。天使のほうなので、鍵盤をたたく以上の力仕事をしたことのないせいちゃんにしっかりお姫様抱っこをしてもらえました(笑)。

今回も、急いでアップし過ぎたせいか、後半が飽きてきてしまってエンディング近くまではちょっとだらけてしまいました。←| 柱 |ヽ(・´_`・。)反省


で、メインキャラ6人一通り告白ED1を見たところで、少し他のゲーム(はっきり言って積みゲー)で気分転換をすることにしました。

今やっているのはこれです。↓↓↓


アンジェリーク 魔恋の六騎士(通常版)アンジェリーク 魔恋の六騎士(通常版)
(2011/11/17)
Sony PSP

商品詳細を見る


何を隠そう、最初にやった乙女ゲームは「アンジェリーク」。
でも、最初のアンジェは守護聖様たちのお顔が怖かった(笑)。それで、ランディあたりを一所懸命狙ってなんとかエンディングを迎えましたがその後は挫折・・。今思えばとってもシビアなゲームでしたね。Special2にいたっては特にそうでしたが、私には相性ばっちりの守護聖様がいなかったので、あちらの方から近寄ってくださることは全くなくて、通いまくってデート誘いまくって、ようやっと気に入ってもらっても、その頃はライバルが既に他の守護聖様とラブラブになっていて、その守護聖様がものすごい勢いで私のほうの育成を妨害してくださるのです(笑)。毎回大苦戦を強いられてめげてばかりだった記憶があります。

そこへ出てきた「アンジェリーク 天空の鎮魂歌(レクイエム)」(通称:天レク)。アンジェシリーズ最初(で最後?)のRPGでした。
難易度はかなり低め。RPG体験ゼロの初心者の女の子がいきなりやっても難しくないレベルでした。まぁ、RPGメインというよりもやっぱり恋愛要素のほうが重要ですからね。
それで、その話に出てきた「レヴィアス私設騎士団」の9人衆のワルらしさが「アンジェリーク外伝3 禁域の鏡(サンクチュアリのかがみ)」でCDドラマとしてみごとに描かれ、更にその成り立ちが、小説「アンジェリーク 天空の鎮魂歌 黒き翼のもとに」に著されました。その「黒き翼のもとに」をもとにして、乙女ゲームの急先鋒IDEA FACTORY オトメイトが作ったのが「アンジェリーク 魔恋の六騎士」です。

「アンジェリーク」シリーズはコーエー(現コーエーテクモゲームズ) ルビーパーティの作品として、ネオロマンスゲームの最初の作品として知られ、多くのファンをつけましたが、今や携帯ゲームになって設定も大きく変わってしまったりして、様々な関連作品を生み出しているようで・・あぁルビーパーティさんは何処に…。゚(PД`q。)゚。という感じです。
やっぱり、天レクから「アンジェリーク トロワ(3作目)」でアンジェは大きく花開いたと思うので、その後少しずつずれていってしまったのが残念でなりません。ユーザーの好みは分かれますが、ゲームの遊び要素よりも、シナリオの中身と恋愛要素のほうがこと乙女ゲームには重要なのです。今はシステムの利便性と絵の美しさ、そしてより現実に近づけたリアルさも要求されてきていると思います。一部でも市場に出回った「充足感」は、次の作品に反映されていなければ「失望感」と「欠乏感」を生みます。女の子は貪欲なのですのよ☆

辛口意見を言うようですが、やっぱりアンジェを愛してやまなかったので、世界観の変貌はなんとも受け入れがたいものがあります。私の“アンジェ”は、10周年記念イベントを最後に終わったなぁという気がしています。

でもでも、
アンジェリーク外伝として作られたドラマCDの中でも、「禁域の鏡」4作品は秀逸の出来でしたので、あれをなんとかゲームとしてでもOVAとしてでも、FFシリーズ並みのグラフィックでリメイクしてくれないかなぁと、本気で思っていたのです。ですから、今回コーエーではなくてIDEA FACTORYが作るとなっても、少しばかりの期待感は隠せませんでした。


現在、カイン、ショナ、ジョバンニの3人をクリアしたところでの感想ですが・・・・・
うーん、わるくはないけど、物足りなさと多少の違和感は否定できません。

私は「黒き翼のもとに」を途中までしか読んでいないので、騎士団のメンバーへの決定的な違和感は無いほうだと思っていますが、全て知っていて本も読んだ娘は、小説版との違和感と矛盾にかなりとまどったそうです。やっぱり恋愛要素を大切にしたからこそなのでしょうが、たとえばキーファーやカーフェイ、ユージィンやショナに矛盾を感じたらしいです。女の子が相手だからってやわらかすぎる!と。彼らのもっと深い闇の部分が描き足りないということなんですね。確かに「禁域の鏡」でも、彼らはかなり悪者でしたから、違和感を感じてもしかたないと思います。

ただ、そういうものだと理解したうえで取り組む乙女ゲームとしては、選択肢も少なめですし、個人へのルートの切り替えがはっきりしていてわかりやすいので、難易度の低い初心者向けとしてはていねいな作りだと思います。バッドエンドへ行きそうになっても、それを表す効果をONにしておけば事前にわかるので大丈夫ですしね。
一周めは恋愛なしで本来の騎士団の歴史を見るための固定ルートです。選択肢はバッドエンドを選ばない限りはトントン進みますので、それこそ小説を読む感覚で進めます。

個人的には、ショナがお気に入りです。笑顔、しゃべり方、すべてがツボで矛盾があろうが違和感満載だろうが、可愛いから許す!!
って感じです(笑)。

天レクに触ったことのある貴女、魔道によって蘇る前の人間だった彼らのやさしさにも触れてみてください。全く天レクについて知らないかたは、アンジェーリークシリーズ作品とは全くの別物ですのでご注意くださいね。


FX版天レクの中間ムービー・・・PSでは前半カットされてた・・・@@;(うp主ありがとう)






theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

tag : アンジェリーク

せいちゃん(*ノωノ)

ごぶさたしてしまいました!

決してさぼっているわけではありません!

遊んでいるんですが、スローなだけです(笑)。

せいちゃんは、想像以上に楽しくて可愛くて好みです。ただ、他のキャラよりも少しばかり攻略が難しく作られているように感じました。大接近モードでの星の上がり方(正確には夕方⇒夜の変化におけるポイントのクリアがない・・)とか、気まぐれプレイの変化(ファッションの好みの影響かも)が、他のキャラとは違うと、思うんですよねー。まぁ、私の記憶力は薄っぺらくてあてにならないので、どなたか検証していただけると嬉しいです┏○ペコ

大接近モードで100点とって6回分のシナリオももう何度も見ちゃいました。今2年生の1月くらいです。12月にギリギリで紺野先輩が出場しました。何も意図していなかったのですが、先輩二人のスチルが一枚だけ(チェスを教えてるもの)ゲットできたので結果として良かったです。このまま単独で告白ED1を見たいと思います。ちなみに今回は天使です。最初は小悪魔に行ったんですが、すぐに通常に戻ってしまい、アプローチのパターンが決まった頃に天使に落ち着きました。先輩三角をやるときには小悪魔で行こうと思います(笑)。





さてさて、本日もお気に入り動画をひとつ。
このうp主さん、すごーく楽しくておもしろくてお気に入りに入れてます。
必ずミクのる~る~るるる~♪で始まるところも好き☆
シリーズで出てるのでリンクを見ていただいたら更に楽しめることと思いますが、今回はせいちゃん攻略中なのでせいちゃんで。個人的にはコウくんのが゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚な出来なんですが、それはまた今度^^




theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

tag : ときメモGSP3

ニーナ告白ED1完了~

いあ、完了ではなくて取りあえず終了、ですね(;^ω^)
だって、スチルコンプできていませんので。
他にもエンディングは何種類もあるので、スチルコンプにはこだわっていないのですが、当初からゲットするつもりだったものも取れなかったので、残念でした。

ちなみに小悪魔LV.4でぐるぐるタッチ成功してのエンディングでした。
やぁもぅ可愛かったです、ニーナ。
でも、何回もやり直しをしていたせいか、ちょっと流石に同じセリフに飽きてしまいました。一定以上の好感度になると、どうしても同じセリフを聞き続けることになってしまい、大接近モードでの100点も上手に取れるようになると、6話目のセリフを何度も聞くことになり、3年生になってからはほとんど飛ばしてました、ハイ。

なので、次は、あんまりあせってぐんぐん上げずにのんびり行こうかなと・・・・
( ̄▽ ̄;A
次って誰・・?w

(。・ω・。)ノあぃ
次はせいちゃんですっ!!
(。・ω・。)ノあぃ
たまちゃんは飛ばします(爆)!

たまちゃんには初回プレイで失敗し、キューティー3エンドを迎えたという苦い思い出が・・。なぜたまちゃんから行ったかというと、服装の好みがキュートだったので、私にとっては一番わかりやすかったのです。でも、たまちゃんは触らせてくれないし(笑)、近寄っても反応がつまらなかった(←個人の意見)。たまちゃんで玉砕した後にルカに行ったらもう楽しくて楽しくて!ヽ(≧▽≦)ノ
まぁ、たまちゃんが卒業と同時に入っていた生徒会もやめちゃったので、見ていないイベントとかもいろいろあったみたいだし、先輩三角を見るためにはご登場願うつもりでいます。

せいちゃんは、すごく評判が良くて、シタラーズと呼ばれるファンがものすごく多いみたいなので、楽しみです。ツンデレの典型キャラみたいですが、ツンデレは嫌いじゃないのでイケルと思います(笑)。





それでは!本日もおすすめ、というより大好きな動画をひとつ☆

これ、ほんっとによく描けていて可愛い動画です。画力高いですし、演出も良いです。もう直球大ヒットでした!
嵐の矢の受け止め方に、惚れます♡





私のPCだと(?)動画のサイズが合わず、どうしても右が少し切れてしまいます。ニコ動が見られない方のためにも、ようつべのURLも載せておきますね^^
↓↓↓
【ときメモGS3】whiteout【手描き】




※7月9日 一部誤りを訂正しました。

theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

tag : ときメモGSP3

アクセスカウンター

プロフィール

姉ヶ崎美智

Author:姉ヶ崎美智
人生あっという間です。好きなことをして、めげずに生きましょう。日本と乙女ゲームと伊勢-白山道が好きな自称天使バンビです(*ノωノ)

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。